【プロレス総選挙2018】第2次開票速報でTOP10に変動あり!

【プロレス総選挙2018】第2次開票速報でTOP10に変動あり!

スポーツ総合誌『Number』の「プロレス総選挙2018」が開幕してから7日目、第2次速報が発表されました。

去年の「プロレス総選挙2017」では投票7日目で投票者数1万人だったのが、今年は同時点で1万5000人突破と去年よりもアップ。

なるべく早めに投票しようと考える人が多かったのか、はたまた単純に投票者数が増えたのか……

プロレスの注目度も表す総選挙、ますます目が離せませんね。

今回は第2次速報の結果を第1次速報と比較しながら、投票の動向を探ってみたいと思います。

初日開票速報のおさらい

投票開始初日の速報で発表されたTOP20は次のとおり。

第1回速報 2017
1位 内藤哲也 4751P 1位
2位 棚橋弘至 2519P 2位
3位 中邑真輔 2362P 4位
4位 オカダ・カズチカ 2338P 3位
5位 ケニー・オメガ 2212P 5位
6位 飯伏幸太 1636P 8位
7位 高橋ヒロム 1503P 14位
8位 鈴木みのる 1366P 18位
9位 SANADA 793P 52位
10位 丸藤正道 607P 11位
11位 黒潮“イケメン”二郎 587P 6位
12位 柴田勝頼 562P 7位
13位 “キング・オブ・ダークネス”EVIL 460P 32位
14位 葛西純 426P 10位
15位 AJスタイルズ 386P 41位
16位 紫雷イオ 366P 35位
17位 宮原健斗 297P 26位
18位 BUSHI 241P 50位
18位 石井智宏 241P 59位
20位 武藤敬司 225P 24位

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバー全員がTOP20入りを果たし、なおかつ第1位の内藤選手が第2位の棚橋選手に2000P以上の差をつけての1位。

今年は去年に比べて目立った実績・勲章のないロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンですが、それでもこの人気はとどまるところを知らない勢いを反映していると見ていいでしょう。

ちなみにTOP10のうち9人が新日本プロレスに参戦している選手というのも、新日本プロレス一強時代を象徴しているのかも知れません。

次に、第2次開票速報の結果を見てみましょう。

 

第2次開票速報

Number公式サイトで発表された第2次開票速報を表にまとめました。

第2回速報 伸び率
1位 内藤哲也 10607 123%
2位 棚橋弘至 5619 123%
3位 中邑真輔 4778 102%
4位 オカダ・カズチカ 4514 93%
5位 ケニー・オメガ 4287 94%
6位 飯伏幸太 3235 98%
7位 黒潮“イケメン”二郎 3139 435%
8位 高橋ヒロム 3121 108%
9位 鈴木みのる 2840 186%
10位 木村花 2257
11位 SANADA 1787 125%
12位 紫雷イオ 1406 284%
13位 柴田勝頼 1269 126%
14位 中野たむ 1259
15位 BUSHI 1182 390%
16位 “キング・オブ・ダークネス”EVIL 1155 151%
17位 丸藤正道 1132 86%
18位 葛西純 1070 151%
19位 アンドレザ・ジャイアントパンダ 982
20位 グレート・ムタ 882

TOP6は前回と変わらず。この6人はすでに不動の人気を獲得しているようにも思えますね。

1位をキープしている内藤選手は、なんと2位の棚橋選手に5000ポイント近い差をつけてぶっちぎり!

昨年の第2次速報の時点では内藤選手が棚橋選手に約1700票差をつけていましたが、今年はその倍。ここまで来るとさすがに1位は変動しなさそうですが……

3位・4位・5位はそれぞれ200票差くらいなので、まだまだ順位の変動がありそうです。

とくに5位のケニー選手は海外のファンからの得票に期待できるかも知れません。

さらに、6位・7位・8位はそれぞれ約100票差と僅差!これも次回以降の得票で変動しそうですね。

前回から得票数を増やしてTOP10に入ってきたのは、昨年6位の黒潮“イケメン”二郎選手、そして女子選手として初のTOP10入を目指す木村花選手。

イケメン選手は初日速報で11位だったため予想の範囲内の躍進ですが、木村花選手はTOP20圏外からの大躍進!

TOP20圏内に入った女子選手全員がSTARDOM所属・参戦選手というのも興味深いですね。

これから得票を伸ばすことも予想される、アンドレザ・ジャイアントパンダ選手にも注目です。

 

第2次開票速報の総括

上位7人は去年の総選挙とさほど変わらないにしても、TOP20まで視野を広げてみると、女子選手、マスクマン、闇の王、パンダとじつにバラエティ豊かな顔ぶれとなっています。

昨年のTOP5は投票開始7日目にしてすでに固定されていましたが、果たして大きな変動はあるのでしょうか?

投票期間約2ヶ月のうち、今日で7日目。まだ投票されていない方はぜひ推しの選手、気になる選手、インタビューを読んでみたい選手に清き一票を。

投票はこちら→ プロレス総選挙投票ページ