【新日本プロレス】G1 CLIMAX 28 の全日程が決定!東京・八王子にも初進出!

【新日本プロレス】G1 CLIMAX 28 の全日程が決定!東京・八王子にも初進出!

例年より少し早く、4.1両国の休憩時間に今年のG1 CLIMAXの全日程が発表された。

発表時のTwitterには「よくぞわが町に!」という声もあれば、「なんでうちに来ないんだ!」という批判の声も。

全日程を並べると、次の通り。

■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents G1 CLIMAX 28』スケジュール

7月14日(土)東京・大田区総合体育館 <開幕戦>

7月15日(日)東京・大田区総合体育館

7月16日(月)北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる

7月19日(木)東京・後楽園ホール

7月20日(金)東京・後楽園ホール

7月21日(土)東京・後楽園ホール

7月22日(日)東京・エスフォルタアリーナ八王子

7月26日(木)新潟・アオーレ長岡

7月27日(金)静岡・アクトシティ浜松

7月28日(土)愛知・愛知県体育館

7月30日(月)香川・高松市総合体育館・第1競技場

8月01日(水)鹿児島・鹿児島アリーナ

8月02日(木)福岡・福岡市民体育館

8月04日(土)大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

8月05日(日)大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

8月08日(水)神奈川・横浜文化体育館

8月10日(金)東京・日本武道館

8月11日(土)東京・日本武道館

8月12日(日)東京・日本武道館 <優勝決定戦>

引用:新日本プロレス

 

昨年は6月の興行KIZUNA ROADで、出場選手(ブロック分け)、大会日程、対戦カードが小出しで発表されたことが記憶に新しい。

今年は4月の両国で早くも大会日程と試合会場が発表された。

東京は開幕の大田区総合体育館2連戦、後楽園ホール3連戦、初進出のエスフォルタアリーナ八王子、クライマックスの日本武道館3連戦と、例年に比べて開催数が多い。

一方で、昨年はビッグパレットふくしま、仙台サンプラザホールで開催されていた東北大会が今年はゼロ。

これには当然ながら、東北のファンから不満の声があがっている。

新日本プロレスも別に東北をDISっているわけではなく、会場都合や選手の体調面を配慮してのことだろう。

「全国幅広くやるのがG1だ」はごもっともだが、全国各地に移動させるのも、大会日程を伸ばすのも、選手にとっては負担がかかる。

同会場での連戦が多いのは、昨年のケガによる欠場が多発したことを受けてのことだと考えられる。

それでも、大田区総合体育館から24時間以内に北海きたえーるに移動して試合というのは、選手にとってかなりハードな印象を受けるが……

筆者は八王子近辺の住まいなので、エスフォルタアリーナ八王子での開催は大いに歓迎。

次はいつか発表されるであろう、出場選手発表、対戦カードを楽しみにしたい。

 

アイキャッチ画像の出典:新日本プロレス