【全日本プロレス】2018 チャンピオンカーニバル折返し・優勝するのはこの選手だ!

【全日本プロレス】2018 チャンピオンカーニバル折返し・優勝するのはこの選手だ!

2018 チャンピオンカーニバルの決勝戦含む全16興行のうち、先日の博多スターレーン大会をもって前半の8興行が終了。

こちらの記事では、初めてチャンピオン・カーニバルを観戦した(全日本プロレスTVで)感想を書きました。

今回はチャンカーの前半を振り返って、個人的に見応えのあった試合、そして筆者の優勝予想をお届けします。

【注目試合1】宮原健斗 vs 鷹木信悟

2018チャンカー開幕戦のメインイベントに相応しい試合だったんじゃないでしょうか。

筆者はこの2人の戦いを観て、チャンカーを最後まで見届けようと決めました。

何より鷹木信悟のパフォーマンスの魅力たるや。

外敵であるにもかかわらず、ブーイングどころか会場全体の声援を一身に集めていたように思います。

三冠王座挑戦、ぜひやってほしい。

鷹木の有言実行、チャンカーに大きな波紋を起こした一戦です。

 

【注目試合2】火野裕士 vs 石川修司

無敗街道をばく進、4連勝中の火野のチャンカーはここから始まった!

ディフェンディングチャンピオン石川を初出場の外敵が破る波乱の一戦!

「小さい選手がデカい選手を倒すからプロレスは面白い」なんて言いますが、普段は新日本プロレスを観ている筆者からすれば、両者ともデカい部類の選手ですよ。

そのデカい部類の両者がぶつかり合うんだから面白くないわけがない。

持ち上げられながらももがく石川を強引にマットに叩きつけたFucking Bomb、そのまま中指を突き立てたフォール、カッコ良すぎだ!

 

【注目試合3】火野裕士 vs 鷹木信悟

鷹木信悟の試合はどれも面白くて選ぶのが難しいんですが、とくに面白かったのが両者無敗同士で迎えた外敵対決。

「目には目を歯には歯を、パワーにはパワーを」をリアルにやった一戦でしたね。

試合時間の半分くらいは、逆水平チョップの打ち合いだったんじゃないだろうかと思うくらい。

火野の逆水平チョップが鷹木の胸板を切り裂く音の気持ち良いのなんの。

鷹木も約25kgの体重差を物ともせず、場外で火野にデスバレーボムを決めたシーンは衝撃!カメラが捉えていれば!!

火野は鷹木のチョップを真っ向から受け、必殺技を返して返して、最後は余裕すら見せるFucking Bombでフィニッシュ!

勝敗如何によっては、この2人またチャンカーで決勝進出を賭けた試合が組まれることもあるんですよね?

いやあ、もう1回観たい!何度でも観たい!!

 

今後の注目試合と優勝予想

今後の注目試合は、一番にやっぱりBブロック【秋山準 vs 丸藤正道】ですね。

この2人にはドラマがありすぎる!お互いの感情をぶつけ合うのか、その感情は怒りか憎しみか。

次に注目しているのはAブロック【鷹木信悟 vs 石川修司】です。

約35kgの体重差を鷹木がどうやって覆すのか?あるいは石川がパワーで叩き潰すのか?

鷹木にとって、決勝に進むためには避けては通れない試練の一戦となるでしょう。

 

さて、最後に筆者の優勝予想ですが……

鷹木信悟・優勝で予想したいと思います。

Bブロックから進出してくる相手は丸藤正道!

宣言どおり、外敵同士の決勝を実現してほしい!

全日本プロレスとしては、16年の関本大介、17年の石川修司と続いて3年連続の外敵優勝となりますが……

まだまだ外敵に全日本を引っ掻き回してほしい!というのが願望ですね。

 

アイキャッチ画像の出典:全日本プロレスTV