【ROH WOTW 3日め】注目の髙橋ヒロム vs Cody!「ジュニアのままでヘビーを倒す」を有言実行なるか

【ROH WOTW 3日め】注目の髙橋ヒロム vs Cody!「ジュニアのままでヘビーを倒す」を有言実行なるか
【大会名】ROH WAR OF THE WORLD
【日時】2018年5月12日(土)開始19:30
【会場】アメリカ・ミシガン州ロイヤルオーク
【観衆】ー

現地時間5月12日19:30より開始の「ROH WAR OF THE WORLD」の模様をお伝えします。

今日は注目されていた髙橋ヒロム vs Codyのスペシャルシングルマッチ。

「ジュニアのままでヘビー級を倒す」を公言していたヒロムは有言実行なるか?

 

EVIL vs シェインテイラー

◯EVIL vs ●シェインテイラー(フィニッシュ:EVIL)

新日本と変わらずROHの会場でも入場時に黄色い声援が飛ぶ”キング・オブ・ダークネス”EVIL、今日はバッドラック・ファレ並のウェイトを持つスーパーヘビーのシェイン・テイラーが相手。

序盤のタックル合戦、EVILのぶちかましに微動だにしないテイラー。

一瞬EVILのサミングにひるむが、すぐにパワーで圧倒する!

EVILも定番ムーブでペースを握り返すも、タックル一発で形勢逆転するテイラー侮りがたし。

テイラーの猛襲に苦しめられるEVIL、なんとかネックブリーカーでテイラーの動きを止め両者ダウンに持ち込む。

復活したEVILは必殺のセントーンをズバリと決め、ここで試合のペースを握るかに見えたが、テイラーの場外でのダーティー戦法でさらに苦しめられる。

しかし、イス攻撃といえばEVILも得意とする戦法。

“パイプイスギロチン”をテイラーに見舞い、会場から歓声があがる!

先にリングに戻ったEVIL、ここからはEVILのペースかと思われたがテイラーもパワー殺法で返していく。

それでもEVILはテイラーのカンドロープからのフロッグスプラッシュは回避、ダークネスホールドで形勢逆転!

続けてEVILは「EVIL」を狙うが、これはテイラーが耐える。

ここでなんとテイラーが強烈なヒザをEVILの顔面に叩き込み、一発で動きを止める。

さらにチョークスラムでEVILをリングに叩きつけるが、これは3カウント奪えず。

続けてEVILを抱え上げて技を狙ったテイラーだがEVILが脱出、なんと160kgを投げっぱなしジャーマンでぶっこ抜いた!

ロープに走ってのラリアットから満を持しての「EVIL」炸裂でテイラーから勝利を収める。

 

ケニー・キング vs マット・ターバン vs SANADA vs マーティ・スカル

出典:ROH公式サイト

ケニー・キング vs ●マット・ターバン vs SANADA vs ◯マーティ・スカル(フィニッシュ:スモール・パッケージ・ホールド)

ジェイ・リーサルの代わりにSANADAが加わった4WAY戦。

マーティ・スカルの圧倒的会場人気たるや!

さらに4WAYながらSANADAとマーティ・スカルという、玄人好みのテクニシャン同士の闘いにも注目だ。

会場の声援はマーティとSANADAが二分する。

ゴングが鳴るや、マット・ターバンは何やら「お前らで勝手にやってろ?」的な主張をして場外へ。

しかしケニー・キングがこれを追撃して2人は場外で乱闘を始める。

残ったマーティとSANADAという人気者2人。

オーソドックスな腕の取り合いからヘッドロックから始まり、両者の”怪鳥ポーズ”で会場大盛り上がり!

場外からターバンとキングが戻ると、マーティはシェイクハンドを3人に求める。

訝しんだ3人は揃ってマーティにブーツ攻撃、リング上はSANADAとキングがまるでシンメトリーな攻防を繰り広げる。

SANADAはキングにセカンドロープからのブレーンバスターを狙うが、ターバンとポジションの取り合いとなる。

その模様をリング外で見ていたマーティが加わり、3人まとめてリングに叩きつけた。

さらにマーティはエプロンからのスーパーキックをSANADAとキングの2人に叩き込む!

リングを掌握したかに見えたマーティだったが、ターバンが戻りキングが戻って3WAYの様相に。

最後にSANADAが戻り、4人は揉みくちゃになりながらお互いに技を掛け合うカオス状態へ突入!

3人を蹴散らしたターバンはSANADAに狙いを定めるが、復活してきたSANADAはここでお待ちかねのパラダイスロック!

続けてキングにもパラダイスロック!マーティにも同じようにパラダイスを仕掛けるが、切り返したマーティが逆パラダイスを狙う!

だがパラダイスのかけかたがわからないマーティ、業を煮やしたSANADAはなんとレフェリーを使ってパラダイスの教習を始める!

さすがにレフェリーに忠告されたSANADA、そこでマーティが場外からモップを持ち出し、ターバンとキングのケツにぶっ刺そうと提案。

SANADAもこれに便乗するが、これまたレフェリーが阻止して未遂に終わる。

最後はSANADAとマーティが揃ってパラダイス中のターバンとキングにドロップキック!

友好の証とばかりにマーティはSANADAにシェイクハンドを求めるが、SANADAは応じると見せかけてパラダイスロックへ。

しかしマーティもまたズルさでは負けていない。

SANADAの指を取って「指折り」の体勢に入るが、これはターバンが阻止!会場大ブーイング!

試合はいよいよ佳境に入る。

キングに必殺の「スカルエンド」を狙ってフィニッシュに持ち込むSANADA、その背後を突いてマーティーが必殺「チキンウイングフェイスロック」。

しかし復活してきたキングがテクニカルなサブミッションでSANADAを捕捉!

ターバンもマーティを獲らんとレフェリーを押しのけて技に入るが、一瞬のスキを突いたマーティが金的からの丸め込みでターバンから3カウント。

見どころの多い4WAY戦はマーティがスニーキーな立ち回りで勝利を奪っていった。

 

髙橋ヒロム vs Cody

●髙橋ヒロム vs ◯Cody(フィニッシュ:DIN’S FIRE)

「ジュニアのままでヘビーを倒す」を公言しているヒロムにとってはまたとないチャンス!

今日もヒロムはダリルJr.を、Codyはビジネスベアを伴って入場。

会場からはヒロムへの”タカハシ”チャントとCodyへのブーイングが交錯する。

なんと試合はヒロムとダリルJr. vs Codyの変則マッチで始まった!

さらに、ダリルJr.にジェラシーを燃やすビジネスベアも乱入してくる!

ようやく試合開始となるもCodyの一挙手一投足に会場からブーイング、ヒロムには黄色い声援が飛ぶ。

Codyはあろうことかケニーの必殺技「Vトリガー」の真似までして会場のヘイトを集める。

なかなか形勢逆転とはいかないヒロム、アメリカン・ナイトメアで苦しむ展開に!

会場からはなんと”WE WANT KENNY”のチャントが!Codyはそれに応えてケニーのターミネータームーブまで披露してみせる。

試合とは関係ないケニーのチャントまで出てはヒロムは立場がないぞ!

なかなか反撃の糸口が掴めなかったヒロムだが、ロープに走ってからのフランケンシュタイナーでようやく攻めに転じる。

アメリカン・ナイトメアもなんとか切り替えしてみせて、ようやくCodyから試合のペースを奪い返す。

しかし相手はヘビー級のCody、なかなか必殺「TIME BOMB」の体勢には入れない!

するとヒロムは、なんと掟破りの「アメリカン・ナイトメア」でCodyをリングに突き刺す!

お株を奪われたCodyも「アメリカン・ナイトメア」をヒロムに見舞うが、これはなんとかキックアウト。

Codyは奥の手「DIN’S FIRE」でとどめを刺す。

試合後ヒロムは共に闘ったダリルJr.の健闘をたたえ、実況も「カワイイ」と評し?ていた。

ヒロムの「階級の壁をぶち壊す」はまだまだ第一歩。

新日本のリングでは実現が難しくても、ROHや海外の団体なら不可能ではない。

 

内藤哲也&BUSHI vs ブリスコズ

内藤哲也&●BUSHI vs ◯ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコ(フィニッシュ:ダイビング・エルボー・ドロップ)

先に登場したLIJ組、トランキーロ入場はそこそこにリングへ。

この組み合わせはROHでも初かな?

立ち上がりは内藤とブリスコ兄。

内藤が”走って走ってゴロン”ムーブからのイスを持ち出して”イスの正しい使い方”(1.5でジェリコにやったやつ)ムーブで会場を大いに沸かす。

LIJ組の流れかと思われたが、タッチを受けたBUSHIがブリスコズに捕まる展開に。

BUSHIはブリスコズを蹴散らし内藤にタッチを求めるも、事あるごとにブリスコズに阻止される。

なんとかタッチが成功、内藤は縦横無尽の技の応酬でブリスコズを分断する。

定番ムーブであるコーナーでの”3点セット”も決めてみせた。

BUSHIも加勢してLIJの美しい連携がズバリ、内藤のトップロープからのフランケンシュタイナーは2カウント。

続けてブリスコ兄に仕掛けたデスティーノはタイミングが早かったか、力づくで切り返えされてしまう。

今度はタッチを受けたBUSHIがブリスコズに痛めつけられる。

加勢した内藤もブリスコズの合体パワーボムでリング外へ排除され、なんとかレフェリーのスキを突いてBUSHIがブリスコ兄に金的、さらに毒霧も敢行するがこれは避けられてしまう。

最後はブリスコズの連携の前にBUSHIが3カウントを奪われ、LIJ組はメインイベントを勝利で飾ることできず。

 

アイキャッチ画像の出典:ROH公式サイト