【前半戦】内紛中のBULLET CLUBに進展はあるか?【2018年3月25日アメリカ・WALTER PYRAMID大会】

【前半戦】内紛中のBULLET CLUBに進展はあるか?【2018年3月25日アメリカ・WALTER PYRAMID大会】

【大会名】新日本プロレス in USA STRONG STYLE EVOLVED ロサンゼルス大会
【日時】2018年3月26日(月) 開始9:00
【会場】アメリカ・WALTER PYRAMID

今回は新日本プロレスロサンゼルス大会の感想をアップ。何と言っても気になるのは、内紛中のBULLET CLUB(以下、BC)の進展と、超黄金カードG☆L vs YB!

【第1試合】LA Dojoのコーチ、スコーピオ登場

◯SHO&YOH&ロッキー・ロメロ vs ●スコーピオ・スカイ&フランキー・カザリアン&クリストファー・ダニエルズ

11分2秒 3K→片エビ固め

3K勝利。4.1のJr.タッグ3WAYに向けて準備万端?

【第2試合】NEVER前哨戦!ジュースvs後藤

◯デビッド・フィンレー&ジュース・ロビンソン vs ●外道&後藤洋央紀

7分24秒 プリマ・ノクタ→片エビ固め

ジュースにとっては後藤へのリベンジ&2度めのNEVER挑戦のチャンスを掴みたい。後藤にとってはジュースの勢いを止めておきたいところ。ジュースはアメリカのファンを味方につけ、再挑戦の機運を高められるか?

【第3試合】矢野通はアメリカでも大人気

●チャッキーT&矢野通 vs デイビーボーイ・スミスJr.&◯ランス・アーチャー

10分48秒 キラーボム→エビ固め

矢野はアメリカでも大人気。「ブレイク!ブレイク!」「ヤノ!トー!ルー!」で大合唱が起こる。矢野が場外葬されればブーイング、コーナーマット外しに大歓声!アメリカの観客は矢野のムーブにノリノリ。WORLDで観てたら、そりゃあ生で大合唱したいと思うよね。チャッキーTも奮闘したが、最後はKESの合体殺法に捕まりキラーボムで3カウント。

タッグ戦線は現王者のEVIL・SANADAに加え、KESにGOD、さらにはG☆LにYBと、今年に入って展開が急速になっていく感がある。

【第4試合】BCOGか新勢力か?注目の同門対決

●タンガ・ロア&タマ・トンガ vs マーティー・スカル&◯Cody

10分45秒 クロスローズ→片エビ固め

試合内容はもちろん、前後のストーリーが気になる同門対決。Codyにはブーイング、マーティーとG.O.D.には観客から歓声があがる。Codyは相変わらず”BULLET CLUB IS FINE”を主張。G.O.D.は、ロアが試合前のマイク合戦でCody派につくことはないと明言する。

Codyは本当にヒール役が抜群に巧い。ブーイングを一心に浴びるもリングの中心に立っているのは必ずCodyだ。タッグパートナーのマーティーは、まだ完全にCody寄りではない様子。

連携ではG.O.D.が一枚も二枚も上手だったが、Codyが同士討ちのスキを突いてロアにクロスローズで3カウント。BCの内紛はまだまだ進展を見ない。

【第5試合】日本マット界のカリスマはアメリカでもカリスマ!

ドラゴン・リー&●田口隆祐&KUSHIDA&棚橋弘至 vs 髙橋ヒロム&BUSHI&SANADA&◯内藤哲也

12分13秒 デスティーノ→片エビ固め

LIJの入場に会場ファンは総立ち&大声援を送る。ここ1~2年でアメリカの認知度、人気度はさらに高まったようす。もちろん、タグチJAPANの人気も負けていない。

内藤vs棚橋で始まるが、棚橋の膝のコンディションが気になるところ。ヒロムvsリーでまず盛り上がる。KUSHIDAはザックに刺激を受けたか、これまでに見せていないサブミッションを披露する。BUSHIのTシャツ首絞めからLIJが連携で一歩リード。

時間にすると短かったが、内藤vs田口が意外と噛み合うような気がする。最後は内藤が田口にデスティーノ。今回はシングルで観たい組み合わせばかりだったな。

前半の総括

注目は第4試合のBC同門対決。明確になったのはG.O.D.は何があろうとCody派にはつかないということ。ただし、ケニー側につくとも明言していない。完全に高みの見物を決め込むつもりか。試合自体はCodyが一瞬のスキを突いて勝利。ストーリーはセミファイナル、メインの結果次第か。